評判の皮膚科はこちら

MENU

脱毛基礎講座

よくあるご質問

HOME >皮膚科の脱毛とエステの脱毛の違い

皮膚科の脱毛とエステの脱毛の違い

最近では脱毛は皮膚科に限らず、脱毛エステでもできるようになりました。
皮膚科の脱毛とエステの脱毛についてご紹介します。

使用機器

皮膚科の場合、医療脱毛と呼ばれている通り医療機関でしか使うことのできない、アメリカのFDA(厚労省のようなもの)の認可がある医療用の機器が使われています。
エステは医療機関ではないため、皮膚科と同じ機器を使うことができず、皮膚科で使っている機器に似せて作ったレーザーの威力が弱い機器を使用しています。
また、名称も「レーザー脱毛」と呼ぶことができるのは医療機関のみで、エステの場合は「フラッシュ脱毛」もしくは「光脱毛」と呼びます。

脱毛に欠かせないポイント

効果

皮膚科の機器は医療機関でしか使うことができませんが、これはレーザーの威力が強く危険を伴うの で、照射には正しい知識や技術が必要なためです。と言うことは当然脱毛の効果も高く、医療脱毛には永久脱毛の効果があり ます。また、一 度に照射する際の威力が高いため、少ない回数で脱毛を完了することができます。
しかし、エステで行う光脱毛はレーザーの威力が弱いため、永久脱毛の効果はなく薄くするまでもかなりの回数通う 必要があります。

安心

今はクリニックとの連携をしているエステも多いのですが、実際に何かトラブルが起きた口コミを見る と「たらいまわしにされた」「診察までにすごく時間が掛かった」と安心感など欠片もありません。
しかし皮膚科の場合は医療機関ですので、脱毛は正しい知識を持った医療従事者が行います。そのためトラブ ル自体が少ないのですが、万が一トラブルが起きても医師はもちろんのこと看護師もいるためすぐに診察・処置が可能です。軟膏 などの処方が可能なのも安心ですね。

医療と美容の融合

本来であれば脱毛は医療行為にあたるため、皮膚科で行うことが正しい選択です。
皮膚科での脱毛は医療行為だけでなく美しさを追求する美容も兼ねているため、多くのモデルや芸能人が利用し、満足のいく結果を残しています。
しかし、エステの光脱毛の場合は医療行為ではなく永久脱毛の効果もない単なる美容のため、言ってしまえばその場しのぎの脱毛にすぎません。

ページトップ