評判の皮膚科はこちら

MENU

脱毛基礎講座

よくあるご質問

HOME >全身脱毛について >産毛の脱毛

産毛の脱毛

産毛が多かったり、濃い人以外にも肌がキレイになるということで、人気が高まっている産毛の脱毛についてご紹介します。

産毛の脱毛

意外と目立たないようで、気になってしまう産毛ですが、いつのまにか長くなっているなんてことも経験したこともある人がいるのではないのでしょうか。
鼻の下の産毛が伸び、ヒゲみたいになってしまったという人もいます。
産毛は処理しても、より一層産毛が濃くなったり増えてしまったりすることもあります。

産毛を処理するメリットとして、産毛の処理をした肌は明るく見えます。産毛の中には、黒や茶色の産毛があり、皮膚科で医療脱毛したことで、くすみで黒くなっていた肌がキレイに見えるようになったという口コミや評判もよく聞きます。
また、光の反射により産毛を処理していれば、毛穴が目立たなくなり、産毛を処理することで毛穴自体も小さくなるので、よりキレイに見られます。
他にも、産毛を処理し毛穴も縮んでいるので、化粧のノリがよく、化粧も普通より落ちにくくなり、キレイな肌を長時間キープできたという口コミもあります。
処理に関しても、産毛を抜くのは難しく、抜く時に痛みを伴うケースも多いです。
カミソリで処理をしても、カミソリ負けで、肌が赤くなる人も少なくないでしょう。
一般的には、産毛の処理は1週間に1回程した方がいいと言われています。
そんな産毛を皮膚科で脱毛する方法としては2パターンあります。
レーザー脱毛で処理する場合は、黒いメラニンに反応して照射することができるので、産毛が黒や茶色に近い色というのが条件になります。
比較して、産毛の色が白い場合だと、レーザー脱毛では治療ができないので、ニードル脱毛での治療となります。

ただ、色々なメリットがある産毛の脱毛ですが、デメリットも当然あります。
まず、一般の脱毛に比べて治療期間が長くなるケースが多いです。
産毛は、個人差にもよりますが、すぐに生えてくる毛ではありません。
従って、複数回皮膚科に通うことで、治療が終わります。
しかし、最新の医療レーザー脱毛機を扱っている皮膚科であれば、脱毛機のレベルも高くなっていると評判で、薄い毛にも対応できる機器も導入されています。
他にも、レーザー脱毛で施術する際、産毛が濃くなったり、増えたりするリスクもあります。治療が完治すれば問題ないですが、治療の際中で、次回の治療までに、今までよりも量が増えたり濃くなったりする可能性もあることを知っておきましょう。
皮膚科によっては正しく説明してくれない所もあるので注意しておきたい所です。
顔の産毛を施術する人が多いですが、背中や腕などの箇所も評判を呼び人気になっています。

ページトップ